マーケターの皆さんの多くはこの質問に答えるのは難しいのではないでしょうか。ディスプレイ広告やEメールのような一部のチャネルは、ユーザーのアクションやクリックに基づいて簡単に計測できますが、より複雑なカスタマージャーニーの途中にあるタッチポイントについては、影響力(インパクト)を軽視してしまいがちです。

AdRollでは、ユーザーがどのようにサイト上で行動し、何がコンバージョンへ繋がっているのかをマーケターの皆様一人一人に知っていただくことが、マーケティング活動上でとても重要だと考えています。タッチポイントの影響力はそれぞれサイトや商品によって違います。アトリビューション分析はこれまで時間がかかり、困難なものだとされてきました。そこでAdRollは皆様が簡単に且つ早くアトリビューションの分析ができるよう、ダッシュボード上で新しいレポーティングツールを開発しました。

AdRollのアトリビューションダッシュボードのご紹介

ディスプレイ広告やEメール、あるいはいかなるマーケティングチャネルであっても、そのインパクトを本当に知るためには、顧客がたどる経路(パス)や、費やした費用に対してそれがどう影響するかを知る必要があります。そのためには、そういったチャネルからの直接的な反応だけでなく、より大きな成果を上げるために、これらのタッチポイントがどのように相互作用しつつ、一緒に機能するかを把握することも重要です。 アトリビューションダッシュボードは、AdRoll製品群がどのように連携し、各製品がコンバージョンに関するユーザーの意思決定にどのように貢献しているのか理解し、分析するツールです。また、各キャンペーンにどの分析方法が最適化を比較したり、キャンペーン全体の主要な指標に及ぼした影響を導きだします。

アトリビューションダッシュボードの機能

  • コンバージョンインサイト分析
    ビジネスゴールに対するキャンペーン全体の成果を俯瞰して把握できます。
  • コンバージョン経路分析
    複数のデバイスやキャンペーン、広告チャンネルをまたいで、効果指標に対する顧客行動パターンの詳細データが得られます。
  • アトリビューションモデル比較
    ラストクリックベース以外のモデルと比較テストすることで、
    キャンペーン指標、顧客の誘導方法を決定します。

コンバージョン経路分析を使ってAdRoll各製品の広告効果を計測

プロスペクティング、リターゲティング、Eメールなど複数のAdRoll製品を導入いただくことで、各製品がアトリビューションダッシュボード上でコンバージョンに対してどのような広告効果を与えたかを知ることが出来ます。コンバージョン経路分析では、各製品を経由してコンバージョンに至るまでの所要時間、AOV、収益をタッチポイントごとに計測します。例えば新規ユーザーが他媒体経由で流入し、AdRollのリターゲティング広告をタッチしてコンバージョンに至った場合に対し、AdRollのプロスペクティング広告から新規流入して、AdRollのリターゲティング広告をタッチしてコンバージョンしたユーザーの方がAOVが高い場合、プロスペクティングにより多くの予算を投下することでサイト収益を高める、といった運用が可能になります。(図参照)

皆さんもAdRollのアトリビューションダッシュボードを体験し、ユーザーのコンバージョンに一番影響しているタッチポイントを見つけ出してみませんか?