この度私たちAdRollは、新たにB2Bマーケティング向けのツールを開発し、「RollWorks」という新たなブランドとして立ち上げることになりました。これに伴い組織構造が、B2C向けのビジネスユニット『AdRoll』、B2B向けのビジネスユニット『RollWorks』、そして全体を統括する『AdRoll Group』へ変更となります。当面『RollWorks』は、米国のみでのサービスとなりますが、日本でも準備が出来次第ローンチを予定しております。

また、『AdRoll』もB2C向けに注力をすることになりますので、ロゴや機能開発の方向性などが変わります。ただし、AdRoll Groupが創業当時から掲げております「規模を問わず様々な業界・企業のビジネス拡大に貢献する」という想いは変わっておりません。よりお客様に寄り添った形でこのミッションを果たすために、ブランドを一新いたしました。

私たちはこのAdRollの新たなる挑戦の発表の日をずっと心待ちにしていました。本日このように発表ができたことを、とても嬉しく思っています。AdRollのフルファネルソリューションがより活用しやすくなり、顧客の発掘、育成、そしてロイヤルティ化までの動きがより可視化されることと思います。AdRollは日本に上陸してまだ3年。まだまだ成長フェーズにあります。成長意欲の強い中小企業の皆様と各社にあった、資源・予算、そして得意分野を活かしたビジネスに直結するマーケティング活動を行い、一緒に成長していければと思っています。

新しい『AdRoll』について

『AdRoll』は企業のマーケティング支援の会社から、ビジネスのグロースプラットフォームへと成長します。
すでにAdRollのサービスをご利用いただいているお客様は、じゃあ何が変わるの?今まで使っているアカウントは、そのまま使えるのか、心配になっていることかと思います。
お客様のアカウントにつきましては、特に何も行っていただく必要はなく、従来と変わらず、今まで通りのアカウントをご利用いただけます。

実際に何が変わるのか?

今回のリブランディングにより、AdRollのフルファネルソリューションがより活用しやすくなり、顧客の発掘、育成、そしてロイヤルティ化までの動きがより可視化される、中小企業様向けのソリューションをグローバルでローンチいたします。ビジネスを成長させていくために、各社のリソース、予算、得意分野を活かしたマーケティング活動をご提案できる専用のインターフェースもご用意しています。日本でも現在準備中であり、今後順次ローンチをしてまいります。また既存の広告主の方々はこれまでのソリューションを引き続きお使いいただく事も可能です。

B2B企業向けの『RollWorks』とは

EMarketerが実施した調査で、今年B2B企業のデジタル広告出資は、46億ドルと予想されています。日本でも300万以上の中小企業が存在すると言われ、中小規模企業の今後の伸びが期待されています。特にデジタル広告はこれまで、大半を消費者向けの広告が占め、企業が企業向けに出稿する、いわゆるB2B企業向けのデジタル広告市場はそれほど成熟しておりませんでした。
『RollWorks』はそんなギャップを埋め、複雑で決断まで長期間有するB2B企業の商品の売り上げ増加、そして企業の発展に寄り添うため誕生しました。
『RollWorks』は、IPアドレスをベースにB2B潜在顧客を見つけるのではなく、HubSpot, Marketo, SalesforceなどのCRMツールと連携し、ABMの思想を元に、パーソナライズされたメッセージ・広告を企業の中の適切な人材に届ける事を可能にします。(※現在『RollWorks』は米国のみのサービスとなります。)

今後もお客様のパートナーとして共に成長を目指すべく活動して参ります。

日本語のサイトは、AdRoll.jp
グローバルサイトは、AdRollGroup.com | AdRoll.com | RollWorks.com をご覧ください。