男性社会のイメージを持ちがちなテクノロジー業界のエンジニアリング職ですが、AdRollではたくさんの女性エンジニアが存在し、活躍しています。
この連載ではそんな女性にスポットライトをあて紹介いたします。彼女たちのユニークなバックグラウンドやエンジニアになるまでの経緯など、仕事の内容だけでなくその女性そのものにフォーカスし話を聞きました。

※このブログ連載は、AdRoll.comの連載を翻訳したものです。
オリジナルブログ→https://blog.a…men-of-adroll(デイビッド・ローペズ著)

 


テクノロジー業界に入った当初、この業界の多様性の欠如、特に技術職を務める女性の少なさに私は気づいていませんでした。AdRollで働くようになってからは、私がこれまでに仕事を通じて出会った中でも最高に聡明で創造的な、そして自信に満ちた女性たちと出会い、一緒に仕事をする素晴らしい機会に恵まれています。

「連載:AdRollが誇る「テックウーマン」」を書き始めようと思ったのは、AdRollではBI、エンジニアリング、製品管理とさまざまなポジションに女性がいることを紹介するためだけではありません。その女性たちの経歴、視点、経験の多様性を通してその女性たちがどのように男性社会であるIT業界にたどり着いたのかを知りたいと思ったからです。 「Women of Stem」(https://www.womenofstem.org/)というブログサイトを運営し、IT業界で働く女性をインタビューするニターシャ・ サイエド氏に、実際にAdRollのSTEM部門で働く女性と会ってもらい、話をしてもらいました。エンジニア、政治家、会計士、人道主義者、さらにはタトゥーアーティストとさまざまな経歴をへて、最終的にSTEMというキャリアにたどり着いた女性たちです。今回は、その中から3名の「テックウーマン」をご紹介します。彼女たちのユニークで刺激的な話に耳を傾けてみましょう。

————————
STEMとは
Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、 Mathematics(数学)の頭文字をつなげた言葉
————————


アビバ (Aviva)

私は子供の頃夢がたくさんありました。クラシックのバイオリニストにはじまり、弁護士、外科医、バレリーナ、宇宙飛行士、さらには国連の外交官も考えました。高校の頃自分の進みたい道をやっと決めることができ、将来に向け外交官を目指しながらNGOで働くことに決めました。大学で国際開発及び公衆衛生の授業を専攻し、国際開発で学士号を、公衆衛生の修士号を取得しました。卒業後は、カリフォルニア州アラメダ郡の公衆衛生部の公務員として、コミュニケーションと疫学の仕事をしましたが、NGOの仕事は問題解決がメインで、人手不足になりがちなためとても疲れる仕事でした。重労働をする自分たちの仕事に誰も耳を傾けてくれないことがわかり、燃え尽きてしまった私は休みをとり旅行することにしました。 旅行を通して、赤ちゃんや妊婦さんが好きな私は助産婦の方が向いているのでは?と次のキャリア戦略を考え、学校に戻ることにしました。
そんな中、知人を通してコーディングブートキャンプの存在を知りました。母がコンピューターサイエンスの博士号を持っていたため、プログラミングがどんなにクリエイティブな存在を知っており、言語を学ぶことと何かを作ることが大好きな私にとって、コーディングブートキャンプはとてもいい選択肢に見えました。その後押しもあり、私は今ここにAdRollのエンジニアとしていれると思っています。

仕事以外の活動として、私はミュージシャンとして2つのバンドで活動しています。ボーカル、ギター、アップライトベース、それに作曲もやっています。STEM分野には、女性であることの恩恵がたくさんあるように思います。女性が非常に少ない業界のため、女性というだけでとても目立ちますし「女性代表」として意見を求められることが多々有ります。私は社会正義的な志向がかなり強いので、そうした視点を会社にもたらすことができたのではないかと思っています。 この業界は、女性が成長するにはとても困難な場所だと思います。特に若い女性にはたくさんのことが期待されます。業界ごとに先入観をを持ってしまうのは、キャリ選択をする際しょうがないことではありますが、自分がやってみたいと思うことを成し遂げた人たちに相談をするなど常に様々な可能性にオープンでいて欲しいと思います。(もちろんコーディングやエンジニア職にも。。。)


メアリー (Mary)

私は常に「教えがいのある生徒」でいれる様心がけています。自分が何かをわかっていないと認めるのは時に恥ずかしいことでもありますが、「教えがいがある」と思ってもらうことで知らないことを学ぶ絶好の機会が生まれると思っているからです。もともとリベラルアーツの道に進んだため、テクノロジー業界に移ってから学ぶことがたくさんありました。社内で利用できるあらゆるオンライン学習に参加し、知らないことは同僚に聞ける環境で働かせてもらえることを常に感謝して過ごす様にしています。

実は大学時代は出版の仕事をしたいと思っていました。ただ出版業界がどれくらいオンライン化しているのかは考えていませんでした。アイデアを広げることに関心があり、物書きになりたいと思っていたので、フランス語を学び、学問の世界で働こうと考えていました。大学を出てサンフランシスコに引っ越し、約1年後に職探しに取りかかりました。私が考える自分の強みをレジュメにまとめ、ベイエリアのクールな世界に加わってそこに自分のエネルギーを注ぎたいと宣言しました。いろいろな企業から反応をもらったのですがその中に、CEOをさまざまな面で助けるというものがありました。これが最終的に、エンジニアと一緒にさまざまなワークフローや機能を開発する仕事に繋がっていきました。テクノロジーを使ってそれまでのあり方を一変させることに取り組むチームと一緒に仕事をするのはとてもエキサイティングだということがわかりました。

私にとってSTEM企業は、複数のスキルセットをつなげられるとても良い場所です。キャリアを考えている女の子たちは、何よりもまず自分が自然に魅力を感じるものを追いかけるようべきだと思います。医者や弁護士のようなに職務内容が明確な職業にあっている子ももちろん入れば、STEM業界のニッチな分野で自分の知識を活用したいと思う子もいると思います。世の中には女の子たちが自分は優秀ではなく、賢くなく、かわいくないと感じさせる「否定的な情報源」がたくさん出回っていると思います。そうしたネガティブな思い込みを女の子たちから取り除くには、まわりの意識的な取り組みが必要です。その助けになる情報源も実はくさん提供されており、彼女たちが自分の中の偏見を認識できるように、そして否定的な思考の餌食にならないようにまわりからも働きかけるべきだと思います。私は、はじめからテクノロジーの分野で働こうと計画していたわけではありません。どちらかというとそれは偶然でした。しかし、世界に好ましい変化を起こしたいと考える、本当に優秀なチームと一緒に働けることを感謝しています。


ニシャ (Nisha)

私は子供の頃から数学と科学にずっと惹かれていました。高校では電子工学の職業訓練コースを専攻し、ランプやファンを遠隔操作する回路を作りました。兄がエンジニアリングに従事していたことから、自然とエンジニアの道を選び、大学では電子工学の学士号を取りました。やがて興味関心対象がソフトウェアに変わり、修士号はコンピューターサイエンスで取得しました。エンジニアになるなんてヲタクだとまわりがいうかもしれませんが、それは女性にとっても偏見だと思います。私が選んだ道はたしかに楽なものではありませんでしたが、自分の興味のある分野に進むことを親も応援してくれました。

テクノロジーの普及と潤沢なリソースにより、いまや学生たちは幼いころからプログラミングを始めるゆおになりました。昔では考えられないことですが、パソコンなどに興味のある子供たちは幼い頃からプログラミングに触れながら成長します。STEM分野にいる女性に関する固定概念はたしかにまあ存在しますが、女性にもSTEMという道に進むチョイスがあることを再認識し、まわりも協力するべきです。先日、人気のあるテックカンファレンスに出席しホテルにチェックインした際、フロントの女性が私がエンジニアであることを知って驚き、今日チェックインした女性エンジニアは私が初めてだと言ってきました。そんなことを言われるのは予想外でしたが、STEMのキャリアを進む女性が増えることで、いずれ変わることを願っています。


エンジニアリングという職業は男性が多いイメージがどうしてもありますが、AdRollには、エンジニアリングとして活躍する女性が多く在籍します。
この連載が、エンジニアリングに興味がある女性の参考に少しでもなれば嬉しいです。

元の連載記事はこちら→https://blog.adroll.com/thought-piece/series-tech-women-of-adroll-2
AdRollのテック文化とテックチームについて詳細を知りたい方は、tech.adroll.comをチェックしてみてください。