Today we announced our direct integration with Marketo, which allows AdRoll users to pull existing Marketo email lists into their AdRoll account.

With just a few clicks, you can connect a Marketo account through the AdRoll UI and pull in your existing Marketo email lists. Once synced, the lists will automatically stay up to date as you add or remove emails. Click here for the full post in English.

本日AdRollは、業界トップクラスのマーケティングオートメーションプラットフォームの1社、Marketoとの直接連携を発表しました。

Marketoとの直接連携を発表しました。たった数クリックの設定で、広告主のお客様のMarketoアカウントでAdRollダッシュボードにログインでき、すでにご利用のMarketoスマートリストを活用できます。一度シンクしたあとはスマートリストに加えた編集はすべてAdRollセグメントに自動的に反映されます。

Screen Shot 2015-08-25 at 4.51.06 PM

このMarketoスマートリスト内のメールアドレスをAdRollと連携させると、ディスプレイ広告のオーディエンスユーザーを定義するだけでなく、Marketoプラットフォームから送ったメールを開いたユーザー以外のユーザーに対してアプローチできるので、広告主のお客様の既存キャンペーンのリーチ拡大が見込めるということなのです。(ところでプロモーションメールの80%が開かれていないという事実は認めたくありませんが事実です…)

リターゲティングはすでにアドテク業界では確実に信頼できる手法だと認識されていますが、マーケティングテクノロジーの世界ではこれからまさに活用が始まろうとしています

Marketo社のシニアプログラムマネジャーDivya Dutt氏は「私たちはリターゲティング広告キャンペーンをより有効に活用できるファーストパーティ データがもたらす価値を実感しています。AdRollとのデータ統合によって、広告のパーソナライゼーションのクオリティが向上しました。」と述べています。

今回のAdRollとMarketoの連携でできるようになること:

    • 時短:簡単な連携とセグメントの自動反映更新
    • 広告のパーソナライゼーション:広告主のお客様のファーストパーティ データを有効活用することで、クリエイティブで最適化された広告メッセージをターゲットオーディネンスに展開
    • メッセージの統一:MarketoとAdRoll両方のプラットフォームのカスタマーセグメンテーションをミラーリングしてメッセージを発信

読者の皆様がすでにMarketoユーザーの場合は今すぐAdRollへご連絡ください!詳細をすぐご案内いたします。
まだどちらのプラットフォームもご利用でない場合も、今すぐAdRollへご連絡ください!基本的でわかりやすいご案内をさせていただきます。