In markets around the world, retargeting has been helping marketers make the shift from traditional trial-and-error programs to real-time programmatic campaigns. But how can it serve the unique needs of Japanese advertisers?

Screen Shot 2015-03-19 at 8.55.33 AMWe partnered with third-party research firm Qualtrics to survey 200 professional Japanese marketers, and examined AdRoll retargeting campaign data from nearly 4,000 advertisers to get a comprehensive view on Japan’s approach to retargeting.

Here’s what we discovered:

  • 84% of Japanese marketers intend to maintain or increase their retargeting budgets over the next 12 months.
  • 89% of Japanese marketers report that retargeting performs equal to or better than search, 91% equal to or better than other display, and 87% equal to or better than email.
  • Compared to their European and US counterparts, Japanese marketers lag behind on understanding attribution—1 in 2 Japanese marketers as self-report rookies on the topic.

Japanese marketers are becoming more like analysts, using technology to understand and react to always-on consumers in real time. Retargeting, which may have started as a bottom-of-the-funnel solution, has proven to have staying power and growth potential, driving more marketers to invest time and resources in retargeting.

Ready to learn more? Get the State of the Industry: Japan.

日本でリターゲティングの価値が見直されてきています
リターゲティングの普及に伴い、グローバル市場におけるマーケティングは、従来のトライアンドエラーのような試行錯誤型プログラムからリアルタイムなプログラマティック キャンペーン型に移行してきています。では、日本の広告主の皆さま独特のニーズを満たすためには、リターゲティングをどのように活用するのがベストなのでしょうか?

Screen Shot 2015-03-19 at 8.58.58 AM

今回の調査で明らかになったこと:

  • 日本のマーケターの84%は今後12か月間でリターゲティング予算を維持または拡大させる意思がある
  • 日本のマーケターのうち、89%はリターゲティングにはサーチと同等またはそれ以上の成果、91%はその他のディスプレイと同等またはそれ以上の成果、87%は電子メールと同等またはそれ以上の成果が得られると回答
  • 日本のマーケターは、欧米に比べてアトリビューションの理解に遅れをとり、2人に1人がこの分野においての経験が浅いと回答

昨今の日本のマーケターはアナリストに近い存在になりつつあり、常にオンライン状態にいるコンシューマーの動向を、テクノロジーを駆使してリアルタイムに理解して対応しています。そのことからも、ROIやキャンペーン詳細がすぐさま把握できる透明性の高いプラットフォームを活用することは必然なのです。

リターゲティングは当初、ファネルの最下層(bottom-of-the-funnel)に対するソリューションとして活用されたのかもしれませんが、現在のリターゲティング技術は効果に持続力があり成長性が見込まれると証明されたからこそ、マーケターの皆さまはリターゲティングに時間とリソースを割いているのだと考えます。

調査の詳細はこちら  State of the Industry: Japan.