AdRollでは、社員のことを”Roller”と呼んでいます。
この回を皮切りに定期的にRollerにスポットライトをあて、紹介いたします。

記念すべき第1回目は、AdRoll 日本法人で2016年6月からチャネルパートナーチームのプロジェクトマネージャーとして働いているホアン・ハイン(Hanh Hoang)をご紹介します。

—————————————————————————————————-

ベトナム出身のハインは日本の大学を卒業後、都内のデジタル専業広告代理店で広告のキャリアをスタートしました。その後新しい挑戦とさらなる成長を求め、AdRollに転職しました。

 

 

 

Q: 主な仕事の内容を教えてください。

ハイン: 私の仕事には3つの重要な責任があると思っています。

①スケジュールの管理、タスクの洗い出し
②プロジェクト全体を常に把握し、戦略の立案及びタスクの抜け漏れはないかの確認
③他チームのプロジェクトマネージャーと連携し、担当プロジェクトの戦略の方向性確認及び改善

同じチャネルパートナーチームとクライアントのところへ打ち合わせにいったり、社内ミーティングを実施、どのようにクライアントのニーズに答えているのかを常に考えています。

オフィスには各人の机の他に、ソファエリアやスタンディングエリアがあります。その中でも私はスタンディングエリアで仕事をすることが多いです。

机だけでなく、自分が好きな場所や一番集中ができる場所で仕事ができる環境になっていると思います。

Q: AdRollの好きなところおを教えてください。

ハイン: オフィスで食事がでる機会がよくあるのは、とても好きなところです。月曜日のマンデーディナーはお寿司やカレー、フライドチキンなど種類も様々で週の始めに他のRollerの週末などの話をカジュアルにできますし、水曜日のモーニングベーグルででるベーグルやサンドイッチ、おにぎりも欠かさず食べています。週の半ばにリフレッシュできて、とてもいい取り組みだと思います。また、決まったご飯の行事がなくとも、お菓子はもちろん、シリアルやお味噌汁・スープなど食べ物や飲み物がとても充実しています。ちなみに最近のお気に入りは、ココナッツシリアルです。

またAdRollは、文化や考え方などいろいろな意味で多様性に溢れ、人のバックグラウンドでものをジャッジするのでなく、仕事そのものをしっかり評価してくれるので、素晴らしい職場だと思っています。