AdRollはちょうど10年前、「いろいろな業界の幅広いサイズの企業の拡大に貢献したい」という想いからサンフランシスコで活動を開始いたしました。現在は日本を含む、7箇所の営業拠点を中心に500名以上の従業員が働いています。世界中に35,000社以上の企業をクライアントに抱え、世界で一番利用されているパフォーマンス広告のプラットフォームに成長しました。

2017年はこれまでで最大の売り上げを記録予定で、2018年はさらなる成長を求め、大きな変換期になることが予想されます。幅広い業種の幅広いサイズの企業」に適したプロダクトやソリューションを提供できるようこれまで以上に力を注いで行く必要があります。その変革をよりスムーズに進め、2018年以降も進化を続けていくため、AdRollは11月8日にToby GabrinerがAdRollのCEOに就任したことを発表いたしました。創業者であり、前CEOを勤めたAaron Bell(アーロン・ベル)は、今後もAdRollにてChief Product Officer(CPO)として、エンジニアリング、プロダクト開発、データサイエンス などのエリアを統括します。

これまでにCEOを4回、プレジデントを5回経験しているGabrinarは、デジタル広告系大手代理店Carat InteractiveでのPresidentやDSP企業でのCEOの経験を含め、約20年もの間デジタル広告業界に専念してきました。彼がCEOを務めたAdap.tvはわずか4年間で売り上げが約2,273万円($200K)から約200億円($200M)まで伸びる劇的な増益を記録し、2017年4月21日よりAdRollのPresidentに就任し、2018年の経営戦略に関わっています。

Toby Gabriner(トビー・ガブリナー)のコメント:

「業界が日々進化していく中でAdRollも進化を続けています。2017年AdRollは今までで最大の売り上げ総額を達成しました。2018年はお客様のニーズに合わせて、データの結合やマーケティング、テクノロジーの進化をさらに野心的な心で成長を求めていく予定です。AaronがChief Product Officerに就任をすることで、私たちはプロダクト開発にこれまでの倍の労力をかけ、AdRollの次の時代を構築します。改革は今も急速に進んでいますが、これからのAdRollの可能性に私自身とても興奮しています。」

Aaron Bell(アーロン・ベル)のコメント:

「AdRollはもともとテクノロジーをベースに幅広い企業の成長の手助けをするために生まれた会社です。創業から10年が経ち、私たちは今最大の変換の時期を迎えています。Tobyと私は約1年に渡り卓越した関係性を築いてきました。Tobyの経験と能力は、AdRollの統率を任せるのにこの上ない存在であり、私自身も自分の情熱を再び注げるチャンスがきたことをとても嬉しく思っており、ぜひみなさまにはAdRollのさらなる革新に期待してほしいと思います。」